プロフィール

尾上五月 プロフィール

尾上五月

日本舞踊尾上流師範・新舞踊加賀流師範
元宝塚歌劇団

月組の男役として、宝塚大劇場・東京宝塚劇場・宝塚バウホール出演の他、NHK朝の連続テレビ小説「虹を織る」、関西テレビ「三銃士」アラミス役など外部出演多数。

宝塚退団後はテレビキャスター・レポーターとして、「世界ふしぎ!発見」「プロ野球ニュース」「スポーツ天国」「おはようスタジオ」など多くのレギュラー番組を持ち活躍。

尾上五月

日本舞踊家に転身、尾上五月日本舞踊教室「さつき会」を設立。 都内数カ所で教える他、

  • 劇団東俳日本舞踊講師
  • 目黒学園カルチャースクール講師
  • TAKARAZUKA スタジオOB日本舞踊講師
  • 音響芸術専門学校講師 他

自身の芸能出演活動としては、舞踊会への客演や名古屋万博などへの出演の他、宝塚の芸名・五月梨世として、和物パフォーマンス集団「S-NTK」座長として2014年に旗揚げ。シャンソン歌手野崎由美子とのユニット「Cat Rose Sisters」では歌やダンスも披露。2015年夏には「五月梨世ファーストソロライブ」を成功させている。海外でも、ワシントン桜祭り出演や、「寳船・宝塚OG公演」を台湾で上演など。

宝塚での経験、その後の多方面での経験、キャスター出身のトーク術を生かし、誰にでも楽しめる、わかりやすく楽しい日本舞踊教室を目指し、無料一日体験会などを開催して、古典文化の裾野を広げるために努力している。

生徒さんたちの声

坂東 玲奈

大学時代から日本舞踊を始めて4年。興味の範囲が広がり、日常でも和物に注目するようになりました。
最初は浴衣も着れなかった私ですが、五月先生はもちろん、周りの姉弟子たちも手取り足取り教えてくださり、良い雰囲気の稽古場で楽しくお稽古しています。

松本 美智子

習い始めて7年目のOLです。
母が長年日本舞踊をやっていましたが、実際習うようになり日本の伝統文化に近づけたので仕事で海外の人と接することがあってもお話しできることが増えました。五月先生は見た目はCool beauty ですが、本当は全然違ってすごく面白くて楽しいお稽古です。

尾上 はる

五月門下最初の尾上流名取で、17歳から京都先斗町の舞妓として修行、途中ブランクを経て五月門下で10年以上になります。
日舞を習いたいと思っても、自分の世界と違うと諦めていましたが、五月先生のさつき会と出会って、誰でも気軽に自分のペースで出来るというところに魅力を感じて長く続けることができています。

藤井 彩也香

女優・シンガー。
海外で着物を着て歌う機会があるので、せっかくだから踊りも披露したいのと、着物での美しい所作を身につけるために勉強しています。でも、実際の所作だけでなく、江戸時代の風俗を想像して踊るのは楽しいです。五月先生は、ちょっとした何気ない仕草も見逃せないほど素敵なので瞬間瞬間が勉強になります。

霜垣 真由美

劇団NLT 舞台女優。
和の所作を学ぶために、日本舞踊を習いたいと思ったときに劇団(NLT)の先輩から紹介されました。
今までぼーっと過ごしていた時間に日本舞踊のことを考えたり、身体を動かしたりして、以前よりも生活が充実しています。
丁寧にわかりやすくご指導していただけるのでひとつでも多く持ち帰って身につけることが目標です。
まだ入門して新しいので、さつき会のお仲間にも本当にお世話になっています。

中西 聡

「観る」だけでなく「踊れる」粋でカッコいい日本男児になりたいという思いから、男役出身でとにかく『カッコいい』五月先生に入門!
先生が直接、丁寧に教えてくださり基本の基本から勉強できるので、日本舞踊を習いたい私のような男性の方には絶対オススメです(*^_^*) 日々のストレス発散、運動不足解消にもなっています。

尾上 月香

尾上流 名取。
叔母が五月先生に習っていて、舞台を観に行き、五月先生の踊りに一目惚れして入門、お稽古するようになって日舞以外の日本の伝統文化にも触れることが多くなりました。
姿勢も良くなり、気持ちの良い汗をかいて気分転換にもなっています。
少しずつできることが増え、難しいことにもチャレンジし、発表会で華やかな舞台に立てることが楽しみになってきました。